ろばろば☆広州ネタ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS まとめて。

<<   作成日時 : 2007/06/30 16:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

風邪をひいたようです〜。

といっても、咳が出てだるいだけで、熱はない。
ので、ブログも更新せず、ダラダラとDVDを見て過ごしました。

「少年楊家将」一巻から見直しており、現在7巻。
結末を知っているだけに、「今は元気でもね、そのうち……」などと一人突っ込みを入れつつ。




さて、前回の家締め出し事件に、もう一つおまけが。

あの時、飲茶をしているオーナーのところまで、鍵を借りにいったわけですが、もちろんワタクシは天下の無一文なし。
そこで、不動産会社の人に車を出してもらったわけでございます。


その道すがら、突然「奥さん、日本語教えませんか〜」不動産会社の人にもちかけられ、送ってもらった手前断るわけにもいかず、「いいよ〜」と軽率にも二つ返事したワタクシ。

なんでも友人に、日本文化に興味があり、日本語を習いたい人がたくさんいるとか。

といっても、中国語もまだまだ初級の初にいるワタクシ。
もちろん、日本語教師の資格があるわけでもなし、完全なるボランティア活動です。
じゃあ、コミュニケーションはどうするのか。
それはそれ。
ワタクシと先生だって、お互いまったくそれぞれの母国語が分からないまま、生徒と先生をやっております。(ほとんど、“訓練士と盲導犬”状態ですが……)

ま、なんとかなるか。(なるのか?!)


それで行ってまいりました。


「広州購書中心」。
※購は本当は簡体字。

画像


adress:広州市天河区天河路123号
tel:02038864208
hp:http://www.gzbookcenter.com


この2階が、子供の参考書や語学、入試関係の本を売っているフロアです。

想像どおり、英語関係の本がフロアの3分の1を占め、隆盛を誇っております。
子供向けから、パソコン学習用のCDROMまで、ありとあらゆる参考書があります。
中文英文幼稚園がたくさんあることを見ても分かるように、英語に対する関心はかなり高まっているようです。(なのに、街ではあまり通じない)


次に多かったのは、意外にも日本語関連の書籍。
フランス語や韓国語の6〜7倍の書棚がならんでいます。
若い人たちが、熱心に立ち読みしている姿もあります。
日本もまだまだ捨てたものではありません。


そこで、日本語を習う中国人に、一番使われているという「しんにほんごのきそ」という本を購入。ちゃんと、教師用の別冊もあります。
しかし、海外からの技術研修生受け入れ用の日本語学習本のようで、例文は

アリさんは、東京電気の研修生です。
ラオさんも、名古屋自動車の研修生ですか。


などとなっています。
登場人物は研修生とその先生。
ものすごーく、限られたシチュエーションの中で会話が進められていきます。
自分も工場の一室で講義をしているような気分に浸れます。
しかし、広州で生活する中国人にはあまり縁のない会話なのでは……。

画像


                   ※登場人物はみんな企業の研修生……。

これは再考の余地がありそうです。

ということで、このネタは次号続く。



おまけに。

道案内。とうとう成功しました。

なぜなら、聞かれた場所が、マンションの隣の棟だったからです。

両手に思いっきりジャスコの買い物袋を下げ、はっきりいって人に道案内をする余裕などなかったのですが、やっと巡ってきたお役に立てるチャンスを逃すまいと、隣の棟のインターホンまで一緒に連れていってあげました!

迷っていたのは、デリバリーの女の子。
たぶん北京語もあまり話せず、田舎から出てきたばかりといった風情の少女です。
案の定、私がインターホンを押してあげて、スピーカーから相手の声が聞こえても、まったくしゃべろうとしません。
どうやら、インターホンの存在を理解していないらしいのです。

しかし、悔しいかな、代わりに話してあげることもできない私。
一回目は、そのまま切れてしまったので、もう一度トライ。
今度は、相手がなんとなくデリバリーだと気づいたようで、入口のドアを解錠してくれました。

少女ははにかんだように、小さな声で
「謝謝你」
と言って、チョコンと頭を下げておりました。


あ〜、やっと道案内できた〜!


と思わずジャスコの袋を提げたまま小躍りするワタクシ。



しかし、待て。


よく考えると、この間、まったく中国語を話してないではありませんか!



いつか中国語で道案内するぞ。

と、決意を新たにしたのでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログではじめまして♪中国語で道案内が目標ってすごくわかります!
アタシも全く案内できず「ごめんねぇ」って思ってます。むずかしいですよね…
れいにゃん
2007/07/02 09:13
昨日はどうもですー。
ブログに掲載の名刺をいただけて、行ったかいがありました〜。(すごいカワイイです!)

それにしても。
地理に疎い上に、言葉が分からない。
道案内したくとも、なんともなりませんー。
しゃべれる日がいつか来るのでしょうか……。
ろばろば
2007/07/02 13:24
普通話ならともかく。
広東語や四川語などで道を訊かれること度々。
相手にとっては、どう見ても現地人(もしくは同郷)にしか思えないんだろうなー…と、最近では慣れてきた私です…。
日本語を話せる中国人に「アナタ、日本語ジョウズネ!ドコで習ったノ?」と真剣に訊かれること度々…。

どんなに中国人に見えても、地理には不案内なのですっっ。当たり前ですが、中国語は話せないのですーっっ!
ひろ
2007/07/18 15:09
日本人女性は、親切に見えるんでしょうかねー。そういえば、ここ2週間くらい、道を聞かれてません。
ろばろば
2007/07/18 20:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
まとめて。 ろばろば☆広州ネタ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる