アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自分ネタ」のブログ記事

みんなの「自分ネタ」ブログ


残暑お見舞い申し上げます!

2007/08/11 01:14
夏休みがぁ〜、毎日勉強ばかり〜.

なのに〜、なぜ〜、話せないの〜♪



義母から宝塚のプレミアチケットが取れたという連絡をもらい、16日から日本に一時帰国することになったワタクシ。
※義母はものすごいヅカファンである。そのまた義母も若い頃ヅカファンだったらしく、神戸出身でもないのに、図らずも嫁3代がヅカファンという恐ろしいめぐりあわせ。さらに3人ともヅカ以外の舞台も好きで、たまに見に行く舞台が偶然バッティング。怖いわ〜。

これまで、9月から大学の語学コースに入るつもりで勉強してきたのですが、一時帰国により予定のところまで自主勉強が終わりそうにそうにない。
急ピッチで勉強しているのですが、最近少し知っている単語が増えてきたために、ともすればかなり脱線。本当に一時帰国できるのか、心配になってきた今日この頃です。


さらに!
こちらに来る前に仕事を辞めたにも関わらず、挨拶状ひとつ出していないことが発覚!
(←発覚って、ヲイ!)
どうせなら、暑中見舞いとして……と思っているうちに、立秋を過ぎてしまい、残暑見舞いに変更。


しかし!

この国には印刷可能なはがきというものがない!
そもそも、手紙もあんまりやりとりしないのか、かわいい便せんも絵葉書も本当に少ない!

仕方なく、香港の紙問屋でみつけてきた印刷可能な固めの紙を、はがきサイズにカットしてもらい残暑見舞い作成!
と思ったら、住所のわからない人の多いこと……。
いや、もう、どうにもなりません。
ちなみに、日本にはがきを送る場合4・5元かかるといわれました。
なーんだ、日本国内から送るより高いじゃん。(あたりまえか?)


帰国まであと5日。
お土産もそろっていないし、はがきも出してないし、中国語の教本は終わんないし、現実逃避に10日ぶりに?ブログを更新してみるも、やり残したことは山積みで……。


ふぅ。
では、現実に戻ります。
無事に帰れますように……。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


自分ネタ帳

2007/06/26 13:28
広州ネタ帳というより、自分ネタ帳と改名しようかと思うこのブログ。


しょせん、恥の多い人生です。
ネタの宝庫です。


さて、本日のネタ。


朝から、いそいそと家事を片づけてご満悦のワタクシ。
台所をきれいにし、ゴミをまとめ、外のゴミ捨て場に捨てに行こうと家を出ました。
背後でバタンとドアが閉まる音。

あ。
やってもた。


と思った時にはもう手遅れ。
ドアが自動ロックされて締め出されてしまいました。

新居のドアはアナログな自動ロックドア。
ドアを閉めた瞬間、一番上のキーがカチャンとかかるようになっています。
かといって、鍵をかけなくてもいいわけではなく、そのあとちゃんと鍵穴に鍵を入れて施錠するので、何のための自動ロックなのかと、当初からいぶかしんでおりました。


そうか。
借主を締め出すためだったのか……。


ゴミ袋を提げたまま、みじめな気持ちになるワタクシ。
ゴミを捨てに行くだけだったため、ジーパンにタンクトップ、おやじサンダルといういでたち。
もちろんノーメイクです。(ノーブラでなかったのがせめてもの救い)

しかし、携帯電話はない。
お金もない。
事情を説明して助けを求める語学力もない。
夫は出張へ行ったまま来月まで帰ってこない。(今月も3日しか帰ってこなかった)
午後には先生がやってきてしまう。
そのうえ、もうすぐIKEAで買った小皇帝用のベッドが届くはず……。




万事休す……!




と天を仰いだ時。
そういえば、新居の仲介をしてもらった不動産会社(もちろん日本人社員有)が歩いていける範囲にあったかも。
ということを思い出しました。
いつか、必要になるかもと思い、いただいた名刺の住所をなんとなく覚えていたのです。(エライぞ、自分!)


炎天下、UVカットの傘もささず、タンクトップ姿(人目にさらして良いようなものではない)で一路不動産会社が入ったビルを目指すワタクシ。
オフィスビルでは、警備員が胡乱なものを見る眼付でワタクシを見ています。

ビルの表示を見ると、ありました。
例の不動産会社です。
幸い、担当者が在席中だったため、スペアキーを持っているオーナーさんに連絡してもらい、鍵を受け取ることができました。

オーナーさん、飲茶中に押し掛けてすいませんでした。
助かりました〜。



それにしても、あの自動ロックキー、ガムテープでぐるぐる巻きにしてかからないようにしてやろうかしら
そうでなければ、確実にまた締め出されると思うのです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


道案内したい

2007/06/25 13:54
本日も晴天なり。

週末なので幼稚園がお休みだった小皇帝と、近所にお散歩に行きました。
小皇帝は、愛用の三輪車でお散歩できてご満悦です。
おケツふりふり三輪車を漕いでいるところなど、日頃の悪童ぶりからは想像できない愛らしさ。
ヒマな休日もよいものです。


ところで。
みなさんは、知らない土地で道に迷った時、どんな人に道を尋ねますか。

道を知っていそうな人。
親切そうな人。
ヒマそうな人。
ちゃんとコミュニケーションがとれそうな人。

そんなところではないでしょうか。


なにを隠そうワタクシは、そんな人です。

日本にいる時は、しょっちゅう道を聞かれていました。
(しかし、答えはいたっててきとう。)

この、親切が全身から滲み出たような容貌、
どんな道でもインプットされていそうな知性、
忙しさを感じさせない余裕、
そして天性の社交性、
が、さまよえる子羊さんたちには伝わってしまうのでしょうか。



道を聞きたくなるオーラは、ところ変わっても健在だったようです。

この土日、散歩にでかけたわずか計3時間のうち、
なんと4組の中国人に道を尋ねられました!



一人は中年の女性。

早口の北京語でなにやらまくし立てています。
何を言っているのやら、まったくわかりません。
ですが、ワタクシの第六感によると、指を差して、「あっちか?」と聞いているようです。

ワタクシがかろうじて口にできたのは


「不知道」(知らない)。


の一言。
先生が見たらお嘆きになるに違いありません。

女性は、なおも何かしゃべりかけてきます。
本当は知らないんじゃなくて、言ってることがわかんないんだよ〜。
と思いながら、意味もなくニコニコ。
小皇帝が横で、女性に悪態をついています。

女性はそれを聞いて、我々が外国人であることをやっと悟ったようです。
そうです。外国人なのですよー。


しばらく後。
今度は10代とおぼしきかわいい女の子二人組です。

「この辺に●●ってビルありませんか?」

と聞いているようです。
今度は少し余裕を持って、

「不知道。我是日本人」

と答えると、

「オ〜!」

と驚いた表情。きっと日本人を生でみるのが初めてなのに違いありません。
そんなに珍しいのか。


日曜日の散歩でも、30代くらいの女性一人、
何かの配達をしている労働者のおじさん一人に道を聞かれました。

しかも、労働者のおじさんは、広東語で聞いてきます。
こちらが「ティンプドン」(聞いても分からない)と言うと、普通北京語に直す人が多いのですが、きっと生粋の広東人なのでしょう。
「なぜ、お前広東語をしゃべらないんだ」という態度です。
そのうえ、引こうとする気配もありません。
仕方なく日本語で、「分かんないんだよね〜。ごめんね〜」と言って去ってきました。


まあ、この中心街で子連れで(しかも三輪車に乗っている)でふらふらしてたら、地元の人間だと思いますわね。

でも、この打率の高さ。一体なんなのだろう。
夫に話すと、「それだけ地元に溶け込んでるってことじゃない」と妙に慰めたような一言。
そういえば、前に私を見て「市場で喧嘩してるおばちゃんによくいるタイプ」だと言われたっけ。




そうかも。


うれしいような。かなしいような。


せっかくなので、いつかちゃんと道案内したいです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


はまってます〜

2007/06/14 17:15
はまっているもの。

画像


パイナップルビールです。

こちらには、愛飲してきた缶チュウハイ系が売ってない。
その代わりに飲んでます。地元珠江ビールの商品で、なんと2.5元!(約40円)
普通のビールの半額以下、下手するとジュースより安いです。
味はパイナップルチューハイ。


はまっているもの。

広州電視台で朝8:30〜10:50まで再放送中の「少年楊家将」というドラマ。
http://yaplog.jp/paradoxblog/archive/514

歴史上の実在の人物に着想を得た大河ファンタジードラマ。
中国語がわからなくても面白いので、わかればもっと面白いハズ。
(中国語の字幕を追っかけて、意味を類推して見ている……)

謀略あり、ラブコメありの波乱の展開に、見目麗しい7人兄弟が大活躍とあっては、萌えないわけにまいりません。今週日曜日が最終回。


はまっているもの。(小皇帝)

画像


小皇帝様は、ほとんど一日中、この車の話しかしません。
アメリカと香港の合弁会社が作っている「ビューイック」という車種です。
日本では見かけたことがないのですが、こちらではおそらく社用車として、かなり出現率が高いです。

ほとんどが銀色、紺色、黒(セダン型のみ)なのですが、たまに赤いビューイックもあり、小皇帝様と二人、これを目撃した日は、茶柱が立ったようなラッキーな気分になります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大陸をちょこっと移動

2007/06/12 00:36
開設早々、アップしない日が続いてしまいました。
何があったかというと……

引っ越しです。

これまで一か月住んでいたところは、夫が単身で借りていたシングル用の物件。
そこで、ファミリータイプの物件に引っ越しをしたというわけです。
引っ越しは、夫が出張中だったにもかかわらず、いろんな方のご助力をいただき、まったく中国語を解さない私にしてはスムーズに終了。

途中、引っ越し屋にゴネられ二度値上げをしたり、新しい部屋に用意されていた変圧器が、コンセントにプラグを入れたとたん火を吹いたこと以外は、ハプニングらしいことも起きませんでした〜

思えば、人生13回目の引っ越し。(のに未だに手際が悪いのはなぜだろう??)
手伝ってくださったみなさん、特に夫の同僚のS君!謝謝

さて、新しい家にはネットから日本のTVが見られるシステムを導入したのですが、そこにカラオケ機能がついていることを発見!
さっそく、缶ビール片手に一人引っ越し祝いを敢行いたしました


画像


ハイ、もちろんカラオケルームごっこです。
氷雨、酒よ、酒と泪と男と女、喝采(写真)、恋におちて、恋人よ、時の過ぎゆくままに……すばらしラインナップの数々!
さすが中国。著作権気にしないぶりは徹底しています。
氷雨なんて、白人カップルが演歌チックな演技をしている映像がもれなくついてきます。
テンションも上がります。

あら、次も私の歌だった。
ということで、広州在住で「最近歌い足りなーい」という方、遊びにきませんか。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


トップへ | みんなの「自分ネタ」ブログ

ろばろば☆広州ネタ帳 自分ネタのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる