アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「食ネタ」のブログ記事

みんなの「食ネタ」ブログ


主婦デビュー

2007/07/31 00:52
職業欄が専業主婦になって数カ月。
しかし、異国に暮らしていることもあり、家事の負担もわりと少なく、お気楽〜な主婦生活を送ってきました。ハッキリ言って。


が、そんなワタクシに試練の時が。


それは、駐在員暮らしにつきものの、ザ・ホームパーティー (夫の会社関係の)。


日曜日。
夫の部下やら同僚やら、オール中国人スタッフが我が家に集まるというので、総勢(子供も含めて)12人分の料理を作るハメ、いや、ことになったワタクシ。
もちろん、日本料理(っぽいもの)も作らねばならず、なおかつ、中国の人にも食べてもらえるものも必要。
家にまともな食器などなく、
こちらの人たちがどれくらい(どんな)お酒を飲むのかも分からない。

ってゆうか、そもそもワタクシ、料理自体にこれまであまり真剣に取り組んで参りませんでした。
ああ、花嫁?修業とか、真面目にやっとくんだった。
海外に来るんだから、和食の料理本の一冊でも持ってくるんだった。


ってな後悔先に立たず。


「おもてなしの心」(※朝ドラより)にまったく自信がないワタクシは、水曜日に計画を立てはじめ、木曜日に食器の買い出し(万菱広場に行きましたが、あんまりぱっとしたものがない!でも安い!でも結局紙皿使ったってオイ!)、金曜日にアルコールやお菓子類の買い出し、そして土曜日に食品の買い出し、土曜の夕方から調理開始……と、実に今週の大半を飯作りに費やしたのでした。



最後はあと一時間で来るのに、まだあれもこれもできてない〜、っていうか、台所が汚すぎて人に見せられない〜、というような状況になり、頭の中では「料理の鉄人」の実況中継の声が鳴り響くという、鬼気迫る状況に。


それでも、なんとかちょろちょろと料理を出しつつ。

画像



                まあ、こんなもんです……。

ちなみに、一番中国人受けしたのは、天ぷら(海老天)でした。
ひろさん、アドバイスありがとうございました


結果的には、みなさんに楽しんでいただき、
部屋の中で、大バスケットボール大会が行われるなど、好評?のうちに宴たけなわとなったのですが、いや〜、主婦って大変!と実感した先週末でした。
もう少し経験値積んで、レベルアップしないとなー。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


食の安全2

2007/07/19 16:35
昨日近所のスーパーで牛乳を買ったら。


画像



               中身がヨーグルトでした。





純牛奶(普通の牛乳)と酸牛奶(ヨーグルト)を間違えたかな〜と思い、パッケージを確認しましたが、


やっぱり 純牛奶 です。

日付は7月11日。確かに一週間前のもの。
しかし、そんなに早く悪くなるはずが。


と思い、
よくよく見てみると、牛乳パックの引き出し口に小さく破られた跡(上記写真参照)。


やられた。

※宏○超市です。あそこの品は時折古いものが混じってます。気をつけてください。経験者より。

本日は、ちょっと足を延ばして、ジャスコまで買い物にでかけました。

で、購入した純牛奶。
一番新しいものを買いましたが、日付は2007年6月2日でした。


画像




一瞬、目がテンになりましたが……


よくよくみると、賞味期限は2008年1月2日となっています。

パッケージには 常温下七ヶ月 持つと。



そうかー。
7か月もつんだから、大丈夫じゃん!
おまけに「いかなる防腐剤も入ってません」ってかいてあるよー。




って、オイ!
それでなんで常温で7か月持つんだ?


真空パックだからかな……。
たぶん、きっとそうだ。



と、さっそく小皇帝に牛乳を飲ませるワタクシ。



いいんだもん。
どんなに中国食品が危険だという報道がされても、それしかないんだもん。
段ボール入り肉まんだって、やらせだったし。
もう、選びようがないなら、人間性善説と自らの悪運を信じるしかない。

願わくば、この問題が抜本的に解決されますように。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


おいしいキムチは幸せの素

2007/06/18 20:29
Q、刑務所に収監されました。毎日同じおかずしか食べられないとしたら、何をオーダーしますか?

A、キムチ(と梅干し)


というぐらい、キムチ好きです。
広州に来てからも、旨いキムチを探し求め、中○広場のお店で大枚はたいて買ってみたものの、イマイチ酸味が……。

あきらめていたところ、おいしいキムチを置いている店を発見!

韓国料理店「好好芽」(HOHOYA)です。

突き出しのキムチが、酸味といい辛さといいなんともいえず絶妙だったので、オモニに買って帰りたいとお願いしたところ、500グラム15元で販売していただきました!

画像


オモニ手作りの逸品。らっきょの香りが効いてます。

画像


これさえあれば、何杯でもおかわりできそうです

ちなみにお店の情報ですが、
【住所:越秀区建設六馬路17号104】
【電話:8376−7782】
です。

カプサイシン効果も期待で、韓国人レジデントがキムチ用と一般用の二台の冷蔵庫を持ち込む気持ちがわかってきた今日この頃でした。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


食の安全

2007/06/14 01:40
食は広州にあり、と聞いて参りました。

そのとおりで、だいたい何を食べてもウマい。
麺類だけは、ついつい日本産のものを探してしまいますが、(こっちの麺は米麺なのか、歯ごたえがなく、物足りない)それ以外のものは、辛味といい甘味といい絶妙で日本人の口とも相性がいいのではないかと思います。

スーパーに出かけても食材は豊富で、同じ醤油系の調味料や瓜科の植物にしても何種類もあり、生きたかえるや、亀、輪切りになったワニなど、どうやって食べるんだろう…という食材が普通に並んでいます。
※ジャスコで輪切りのワニ(尾頭付き)に出会った小皇帝は、しばらくその場から動けませんでした。

食文化の奥深さを感じます。

ところで、そのなんでもありの広州でも、食の安全に対する人々の関心が徐々に高まっているようです。
日本のマスメディアでは、このところ盛んに中国食品に警鐘を鳴らす報道がされていますが、中国人だって安全だと思っているわけではないようなのです。

こちらの人も、農薬の影響を減らそうと、野菜の青菜類はかなり長い間水にさらしてから食べているとか。
農薬スイカを食べて死んだ人がいる…と日本語の話せる広州人女性が真顔で言ってました。
そんな噂も出回ってるんですね〜。

そのせいか、大手スーパーに行くと……

画像


必ずこういう表示に出くわします。
無公害産品とあるので、何の表示もない棚の商品にくらべ、ま〜気休めにはなるかと、なるべく青菜類はこういうものを購入するようにしています。確かに割高なんですけど。

画像



何でも食べちゃう中国人をしても、できれば避けたい高濃度農薬野菜。都市部の人たちの食の安全への要求は、豊かな生活様式とセットになってどんどん高まるでしょうから、抜本的に解決される日も遠からず来るのかもしれません。甘いか。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「食ネタ」ブログ

ろばろば☆広州ネタ帳 食ネタのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる